今年一代ブームのポケモンGOネタ

世界中で大人気になっているポケモンgoですが、あまりに大反響のためにあちこちで炎上事件が起きています。
今年一番の一大ブームを引き起こしているポケモンGOはどんな炎上事件の元となっているのか少し調べてみました。

・個人のブログが炎上

ゲームフリーク、そしてポケモンの制作に関わったゲームクリエーターとして有名な人のブログがポケモンGOのために炎上しました。
そして、ブログのコメント欄が閉鎖するという事態が一時起きました。
なぜなら、この方のブログの中で、ポケモンGOの配信日についてのきちんと説明がなかったことや、ポケモンGOによって起きている世界の事件や事故、そして公園などに人が夜な夜な集中してまわりの人の迷惑になっているなどの問題行為について非難するコメントが寄せられたからです。さらに、ポケモンGOによって普段公園で遊んでいた子供たちが閉め出されたり、子供たちの夏休みが邪魔されたりしたというコメントも相次ぎました。
ポケモンGOはゲームの世界と現実の世界を結びつける画期的なゲームでしたが、危険だとか秩序を乱すとしてかなり批判されたのです。
しかし、コメントの中には憶測だけの非難コメントもありました。
例えば、目の不自由な方とぶつかる事故が起きかねないとか、要介護者を家から連れ出すときに心配だとかというものです。現実の事故と心配事などによって7000件ほどのたくさんのコメントが寄せられました。
これに対して炎上したブログの開設者は、引き続きポケモンを温かく見守って欲しいという希望を言い表しています。

・非公式アプリで炎上

ポケモンGO関係で炎上している話題と言えば、やはりポケモンGO関連の非公式アプリでしょう。
リアルタイムでポケモンを探していくことができるチートアプリが非難されたり、モンストのアプリURLを乗っ取られたりと色々な動きが見られています。非公式アプリをインストールした後に、アプリの売りであるポケモンをすぐに見つけることができないとか、嘘の表示がされると言ったコメントが寄せられています。
さらに、隠れているポケモンと実際のポケモンが違うとか、モンストマルチが乗っ取られてしまったというコメントも寄せられています。
モンストを遊びたいと思っても、なぜかポケモンGOマップのアプリが開かれて、全面広告が表示されるとか、広告が消せないなどの現象も報告されています。強制的に広告を表示させて、アプリ制作者は広告収入を得ているのです。
こういった悪質な非公式アプリにはかなり多くの批判コメントがつけられて大炎上しています。
こういった現象から身を守るには、非公式の可能性があるアプリは危ないのでまずはインストールしないようにしましょう。
そして、ポケモンGOマップのアプリをインストールした後に挙動が怪しくなったらアンインストールをするようにしたいと思います。

・ポケモンGOで事故多発

ポケモンGOに関係した事故や事件は世界中で起きており、そのたびにポケモンGO関連のサイトは炎上し続けています。
例えば、オーストラリアのとある警察署がポケストップに指定されてしまい、ポケモンGOユーザーが警察署内に入らないように注意喚起をしなければならなくなってしまいました。
また、アメリカではある若者が夜中にポケモンGOを遊んでいると、不審者だと思われて発砲されるという事件も起きました。
ポケモンGOは現実の世界の中を駆け回ることによってプレイし、ゲームを進めていくことができます。それは、今までに無い新しいゲーム体験で、多くのユーザーの心をとらえていますが、新しい手法での取り組みゆえにたくさんの影響を現実世界に与えていると言えるでしょう。
これから、ポケモンGOなどの新たなゲームがどのように社会に適合していくかをよく見ていかなければなりません。
そして、ポケモンGOに関連した炎上事件からも教訓を学び、小さな子供でもより安全に遊べるゲームへと改善し、さらなるプログラムを開発していく必要があるでしょう。