日本人が知らない海外の炎上事件トップ5

日本ではあまり放映されませんが、海外でも色々な炎上事件が起きています。
特に世界的に成功している企業が関係した炎上事件などが多く起きていますので、ここにそのトップ5をまとめてみましょう。
炎上事件によって時代の動きなどがよく分かります。

・炎上事件5位から3位

まずは2013年にアメリカのボストンのマラソン大会で起きたテロ事件で起こった炎上事件です。
このときに大手の衣料メーカーが販売していたTシャツにボストン虐殺というプリントが施されていたのです。
このメーカーはすぐに商品を回収し、そのプリントのTシャツの販売を中止しましたがかなり非難を浴びました。
もちろん、このメーカーはボストンでテロが起こることを予言していたのでも、指示していたのでも全くなく、虐殺の別の意味である大逆転勝利を意図してTシャツを作っていたのですがあまりにタイミングが悪すぎました。
結果として消費者から大ブーイングを受け炎上してしまったのです。
別の炎上事件は、強迫性障害という病気をパロディにしたセーターを販売していたメーカーが非難されました。
このセーターが、強迫性障害を患っている患者やその家族から大非難され炎上しました。
別の炎上事件では、硫黄島の戦いをバスケットの選手と掛け合わせたパロディTシャツが非難されました。
戦争というのは何年経っても参加した兵士やその遺族にとっては嫌な思い出です。時間が経ってもそのときに受けた心の傷は癒えませんし、人類の歴史としても戦争は完全に負の遺産となります。
その戦争をパロディにしたと言うことでかなり否定的なコメントが寄せられ、このTシャツは販売中止となりました。

・炎上事件2位から1位

あるアパレルメーカーは、アメリカのとある大学の名前を入れたスウェットシャツを発売しました。
しかし、そのスウェットシャツは血まみれのデザインだったのです。
実はこの大学は1970年代のベトナム戦争の時代に、戦争に反対する大学生たちが射殺されるという事件の舞台だったのです。その痛ましい事件についてこの大学関係者は忘れたことがないのにもかかわらず、その大学の名前を入れた血まみれのスウェットシャツを発売するという理解しがたいことをしてしまったのです。
当然のことながら、このアパレルメーカーは全米から非難され大炎上してしまいました。
最後の炎上事件は、あるアメリカの大手スーパーマーケットのケーキ売り場で、注文を受けて作ったケーキがイスラム国を支持するようなものだったと言うことで大クレームを受けたというものです。
実は、これはケーキの注文を受けた定員がイスラム国のロゴマークをよく理解していないことが発端で起こった炎上事件でした。
しかし、このスーパーで作られたイスラム国のロゴ入りのケーキがネット上に公開され、世界中からクレームが寄せられるという結果になってしまったのです。

・炎上事件が起きてしまう原因

日本だけではなく世界で炎上事件が起こり続けているその原因はいったいなんなのでしょうか。
まず、世界的な大手の企業がSNSの怖さに関してまだまだ危機管理が足りないと言うことです。
自分たちが販売する商品がどのように人々に受け止められるかをしっかりと事前にリサーチするべきでしょう。
ただ、あまりに市場の様々な反応を意識しすぎるととんがった商品を販売しにくくなるのも事実です。
市場の反応と市場に切り込む姿勢のバランスを取るのが非常に難しい時代に入ってきているということができるでしょう。
炎上事件というのはほとんどの場合が匿名のネットユーザーからの批判によって始まっていきます。それで、各人がある種責任を負わなくてもよい環境の中でどんどん意見をいうことができるのがネットの特徴なので炎上事件がこれからも続いていくと考えられます。
ただ、ネットを使うユーザーも匿名であれば何を書いても良いと言うことではなく、調べれば個人を特定することができるということを意識しながら、責任を持って発言していくことが求められるでしょう。

炎上の傾向はアメリカと日本では全く違った

最近はテレビや新聞のニュースでもネットの炎上事件が取りざたされるようになりました。
SNSを使って簡単に一般の個人から著名人まで自分の意見を言える環境が整いましたが、それに対して批判が殺到し炎上するという事件もたくさん起きるようになりました。
では、日本よりも少し早くネット社会となったアメリカでは炎上事件にどんな傾向があるのでしょうか。
日本の炎上事件の傾向と違いがあるのかどうか調べてみましょう。

・アメリカと日本の炎上の傾向の違い

結論から言うとアメリカは本気で事態を変えようと思って炎上事件を起こすのに対し、日本の場合はまだまだ面白がって批判をする炎上事件が多いと言うことです。
例えば、アメリカではある若者がお年寄りをバスの中で馬鹿にするという事件がありました。その様子を他の乗客がビデオに撮っていて、それをネット上に公開しました。そうすると多くのネットユーザーがその若者のしたことを批判し一気に炎上事件へと発展していきました。そして、その若者の名前や家の住所などの個人情報がすべて暴露されたのです。
日本でも似たよう事件が起きており、ある中学生が小学生をいじめた様子がネットに公開され、中学生の個人情報がネット民により公開されると言うことがありました。
しかし、日本の炎上事件はそこで終わりですが、アメリカの場合は事件の被害者に寄付が集まるなどの実際的な支援活動へと炎上事件が発展していったのです。
炎上事件がネット上だけで終わるのではなく、実際の社会を巻き込んだムーブメントとなっていくのがアメリカの特徴です。
アメリカと日本の炎上の傾向は、批判コメントに対する思い入れの違いと言えるでしょう。

・どうして日本では炎上事件が多いのか

どうして日本ではネットの炎上事件が相次いで起こるのでしょうか。
一つの説では、日本人はアメリカ人に比べて物事を楽観的にとらえることができないという理由を挙げられます。アメリカ人であれば何か一つの新しい出来事があったり、新しいものが登場したりしてもそこまで心配することはありません。
しかし、日本人は新しいものが登場することによって事故が起きたらどうしよう、これによって困る人がいたらどうしようなど異常に心配してしまうのです。それで、具体的な事故などが起きていないのに一気にその心配をコメントし、批判へと繋げてしまうのです。
また、日本は集団で物事に取り組むことを得意とします。それで、集団としての価値観を壊す人や行動には特に厳しく反応します。
それで、嘘をつくこと、不倫、また誰かを裏切ることに対してはかなり敏感に反応するのです。
こういったことを著名人がしたときには、日本の集団としての和や秩序を乱すものとなるので、多くの団体や個人が一気に批判をしていきます。
メディアでさえ多くの時間を割いて、いかにその行為が日本社会の中で受け入れられないかを説明していくのです。
このような日本の傾向が炎上事件の増えている背景にあると言えるでしょう。

・炎上事件多発ゆえの変化

このような炎上事件が相次ぐために、多くの人のSNSやブログなどのインターネットの使い方が変わってきています。
自分がコメントすることによって炎上事件を誘発してしまわないように気をつけるようになってきているのです。
しかし、そのように気をつける人というのは元々、あまり意見を持たない人たちです。炎上事件が始まったらそこに便乗していく人、いわばお祭りを楽しむ人たちなのです。
自分の意見をきちんと持ち、それを発表し、反対にもめげない人たちというのはこれからも変わらずに意見を表明していくでしょう。
ただ、多くの企業や著名人は軽はずみにSNSで意見を言わないようにも気をつけるようになってきています。
特に、公開型のSNSの威力がいかに大きいかというのが近年注目されていますので、リスクマネジメントをするようになっています。
むしろ、友達や知り合いだけのグループ間の中だけの閉鎖的なSNSの中で意見を言うようにする人も増えてきているのです。もしくは、公式のブログやホームページを使ってコメントを表明するパターンも増えています。
こういった、日本やアメリカなどの炎上の傾向を比べるのも興味深いものです。

今年一代ブームのポケモンGOネタ

世界中で大人気になっているポケモンgoですが、あまりに大反響のためにあちこちで炎上事件が起きています。
今年一番の一大ブームを引き起こしているポケモンGOはどんな炎上事件の元となっているのか少し調べてみました。

・個人のブログが炎上

ゲームフリーク、そしてポケモンの制作に関わったゲームクリエーターとして有名な人のブログがポケモンGOのために炎上しました。
そして、ブログのコメント欄が閉鎖するという事態が一時起きました。
なぜなら、この方のブログの中で、ポケモンGOの配信日についてのきちんと説明がなかったことや、ポケモンGOによって起きている世界の事件や事故、そして公園などに人が夜な夜な集中してまわりの人の迷惑になっているなどの問題行為について非難するコメントが寄せられたからです。さらに、ポケモンGOによって普段公園で遊んでいた子供たちが閉め出されたり、子供たちの夏休みが邪魔されたりしたというコメントも相次ぎました。
ポケモンGOはゲームの世界と現実の世界を結びつける画期的なゲームでしたが、危険だとか秩序を乱すとしてかなり批判されたのです。
しかし、コメントの中には憶測だけの非難コメントもありました。
例えば、目の不自由な方とぶつかる事故が起きかねないとか、要介護者を家から連れ出すときに心配だとかというものです。現実の事故と心配事などによって7000件ほどのたくさんのコメントが寄せられました。
これに対して炎上したブログの開設者は、引き続きポケモンを温かく見守って欲しいという希望を言い表しています。

・非公式アプリで炎上

ポケモンGO関係で炎上している話題と言えば、やはりポケモンGO関連の非公式アプリでしょう。
リアルタイムでポケモンを探していくことができるチートアプリが非難されたり、モンストのアプリURLを乗っ取られたりと色々な動きが見られています。非公式アプリをインストールした後に、アプリの売りであるポケモンをすぐに見つけることができないとか、嘘の表示がされると言ったコメントが寄せられています。
さらに、隠れているポケモンと実際のポケモンが違うとか、モンストマルチが乗っ取られてしまったというコメントも寄せられています。
モンストを遊びたいと思っても、なぜかポケモンGOマップのアプリが開かれて、全面広告が表示されるとか、広告が消せないなどの現象も報告されています。強制的に広告を表示させて、アプリ制作者は広告収入を得ているのです。
こういった悪質な非公式アプリにはかなり多くの批判コメントがつけられて大炎上しています。
こういった現象から身を守るには、非公式の可能性があるアプリは危ないのでまずはインストールしないようにしましょう。
そして、ポケモンGOマップのアプリをインストールした後に挙動が怪しくなったらアンインストールをするようにしたいと思います。

・ポケモンGOで事故多発

ポケモンGOに関係した事故や事件は世界中で起きており、そのたびにポケモンGO関連のサイトは炎上し続けています。
例えば、オーストラリアのとある警察署がポケストップに指定されてしまい、ポケモンGOユーザーが警察署内に入らないように注意喚起をしなければならなくなってしまいました。
また、アメリカではある若者が夜中にポケモンGOを遊んでいると、不審者だと思われて発砲されるという事件も起きました。
ポケモンGOは現実の世界の中を駆け回ることによってプレイし、ゲームを進めていくことができます。それは、今までに無い新しいゲーム体験で、多くのユーザーの心をとらえていますが、新しい手法での取り組みゆえにたくさんの影響を現実世界に与えていると言えるでしょう。
これから、ポケモンGOなどの新たなゲームがどのように社会に適合していくかをよく見ていかなければなりません。
そして、ポケモンGOに関連した炎上事件からも教訓を学び、小さな子供でもより安全に遊べるゲームへと改善し、さらなるプログラムを開発していく必要があるでしょう。

水素水はインチキ!ただの水を高く売りたいだけの業者の戦略!

医療用に使われたり、企業でも社員の健康のために採用されたりしている水素水ですが、その効果には常に疑問が持たれています。なかなか水素水の効果を証明できないために水素水を扱っているメーカーには批判が集中することがあります。
では、水素水に関してどんな炎上事件があったのか見てみましょう。
そして、水素水を販売している業者の戦略についても知っておきましょう。

・水素水の炎上事件

ある飲料メーカーが水素水を販売していて、2015年11月に多くの批判を集めました。この飲料メーカーは高濃度の水素水を販売していましたが、その商品に対して多くの批判が寄せられました。
がっかりしたとか、怪しい健康商売についに手を出したのかなどのコメントが寄せられ、この企業のサイトが炎上したのです。
事実、この企業の水素水を宣伝するサイトでも、カロリーがないことや水素の量だけが書かれていて、具体的に健康にどのような影響があるのかかが載せられていませんでした。
これほど批判され炎上してしまったのはなぜなのでしょうか。
それは、水素水がなかなか世間に知られていない商品で、健康食品の一部として考えられているためでした。
また、大手の飲料メーカーが一部しか扱っていなかった水素水に手を出したため注目を浴びたことも原因でした。
さらに、水素水の効果や効能を薬事法によって具体的に説明することができなかったのも要因でした。
このメーカーが販売している水素水はきちんと高濃度の水素水が入っている商品だったのですが、これらの理由で炎上してしまったのです。

・水素水はインチキなのか?

では、水素水は本当に効果の無いインチキ商品なのでしょうか。
残念ながら水素水は医薬品ではないので、水素水を飲むことによってどんな効果や効能があるのかを宣伝することはできません。運動の際の水分補給にいいとか、食事に気を遣っている人におすすめとか、美容や健康に関心がある人は是非飲んでください、などと曖昧にしか商品を勧めることができないのです。それで、この宣伝だけを見た人にとって、これはうさんくさい、インチキっぽいと感じることがあるのです。
しかし、水素水の効果というのはあるとか無いとか言える段階ではまだ無いことは事実です。
水素の体に及ぼす影響や水素水の力の研究というのは2007年から本格的に始まり、まだ研究の途上なのです。そのために、インチキであるとか無いとかまだ結論づけることはできません。
ただ、水素水を飲むことによって大幅に健康が良くなったり、美容に大きな影響があったりするとも言うことができないのが現状です。
水素によって体のすべての活性酸素が取り除かれると言ったような宣伝文句は現時点ではインチキであると言えるでしょう。

・水素水関連の他の事件

水素水を作り出すサーバーというのは多くの企業から10万円から30万円もの高額な価格帯で販売されています。
しかし、このサーバーを使って詐欺まがいの商売をしている会社があります。
ある企業はアルカリ還元水を作り出す浄水器を30万円以上もの値段で売っていました。
浄水器の還元水を使うとイソジンの色が薄くなるので、水素は体をきれいにする力があることをアピールしていましたが実はそれは水素水の力ではなく、単に還元作用に反応して色が薄くなっているだけでした。
その後この企業は公正取引委員会の摘発を受けました。
別の水素水の飲料メーカーはパウチタイプの水素水をマルチ商法で売っていましたが、あまりにあくどい商売方法のために消費者庁から業務停止命令を受けました。
例えば、1ヶ月飲み続けることによってどんな病気でも良くなっていくとか、2人紹介して、一人でも一定以上の売り上げを達成したら40万円前後をたった一月で稼げるとか宣伝していたのです。
水素水関連の業者の戦略は消費者の無知につけ込んで儲けたいというものと言えるでしょう。このように水素水関連には詐欺的な企業が多くあり、ネットで簡単に炎上してしまいやすい状況が整っています。
消費者から疑われやすい商品というのはいつでもネットで炎上してしまう危険性をはらんでいると言えます。

ペヤング異物混入の炎上について!

皆に親しまれているインスタント焼きそばのペヤングの中にゴキブリが入っていたとのツイッター投稿が2014年12月にありました。
この投稿をきっかけにペヤングは生産中止に追い込まれ、一時期は店先からペヤングがすべて姿を消しました。
しかし、そのツイッター投稿をしたいわば被害者と言われる弾性のアカウントが炎上したのです。
いったい何が起きていたのでしょうか。

・ペヤング異物混入の炎上とは

まず、ペヤング異物混入の炎上事件についてきちんと思い起こしてみましょう。
ペヤングの中に虫が混入していたということをある大学生がツイッターで写真付きで投稿しました。
結果、製造元のまるか食品は製品製造の安全が確認されるまでは販売を中止するという決断をしました。
投稿をした人はツイッターにペヤングからゴキブリが出てきたというコメントと一緒に、ペヤングのフライ麺に大きな虫が入っているのを写した写真をアップしました。そのツイートが一瞬でネット社会に拡散し、いわゆるペヤングショックが始まったのです。ほとんどの人がそのツイートに対し、ペヤングはもう怖いので食べないとか、ペヤングはつぶれてしまうだろうとのコメントが相次ぎました。
ペヤング自体一時期はお店から消えたので、このまま人気商品が終わってしまうというショックが日本中を襲いました。
希少価値が高まったペヤングが一時期はネットオークションで1万円以上の値段がつき、取引されるなどよく分からない現象も見られました。

しかし、事態が少し落ち着いてくると、そもそもの発端となった写真を投稿したツイッターユーザーがネット民からたたかれるようになっていきました。
この投稿をした大学生はペヤングのファンだったようですが、多くのコメントにより、そもそも本当に虫なんて入っていたのかとか、写真を自分で作ってねつ造の投稿をしたのではないかとかたたかれるようになったのです。さらには他のペヤングファンから、おまえのせいでペヤングが販売中止になったなどのクレームが押し寄せるようにもなっていきました。

・被害者が炎上する理由

このように、いわゆる被害者の投稿が炎上してしまう原因というのはいったいなんなのでしょうか。
それは、大きな騒動の発端となった本人に対するねたみのような感情が強いと言えるでしょう。
ただ目立ちたいがために投稿をしたとか、企業を陥れるために画像をねつ造したなどの避難コメントが寄せられるのが一つの典型的な傾向となっています。
また、企業に対して個人的にクレームを入れればいいのに、何でわざわざツイッターに投稿したんだ、ただ売名したいだけではないのかと考えられることもあります。
さらには、虫くらいで大騒ぎをしておかしい、操業停止になった工場で働いている従業員や家族のことを考えたことがあるのかなどのコメントも寄せられています。
確かに、SNSで誰もが簡単に発言できるようになりましたが、その発言によって世間を動かしたり、大きな企業を動かしたりすることができるので、これからはますます投稿に慎重になら無ければいけないと言えるでしょう。

・ペヤングの対応が高評価された理由

ペヤング異物混入の炎上事件で脚光を浴びたのは投稿をした大学生に加えてペヤングの迅速な対応でした。
ペヤングは問題が発覚した後に、すぐに商品を自主回収して、社長自ら全国の小売店に出向き事情を説明し陳謝をし続けました。その危機管理の周到さに消費者は感動し、そしてペヤングに対する信頼を一層強めたのです。
しかも販売中止の最中に社員を解雇したり減給もしたりしないと社長自ら約束することにより、会社の中の士気を高めることにも成功しました。
異物混入で評判を底にまで落としたマクドナルドとは真逆の対応でした。
問題が発生したときに言い訳するのではなく、すぐに対応し、自分たちの落ち度についてはすぐに謝罪をするペヤングの対応は現代の各企業の危機管理についてのお手本と言えるでしょう。